スタイルシートの設定を on で御覧ください。
off ではレイアウトが正しく表示されない場合があります。
また、古いヴァージョンのブラウザではスタイルシートをサポートしていない場合があります。

TankBoy

 
    HOME     PROFILE     PROFILE     WORKS     BASS     MOTORCYCLE     BLOG  

BLOG: backnumbers

2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年09月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年04月
2009年03月
2009年02月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年06月
2008年05月
2008年04月
2008年03月
2008年02月
2008年01月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年09月
2007年08月
2007年07月
2007年06月
2007年05月
2007年04月
2007年03月
2007年02月
2007年01月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年09月
2006年08月
2006年07月
2006年06月
2006年05月
2006年04月
2006年03月
2006年02月
2006年01月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年09月
2005年08月
2005年07月
2005年06月
2005年05月
2005年04月
2005年03月
2005年02月
2005年01月
2004年12月
2004年11月
2004年10月
2004年09月
2004年08月
2004年07月
2004年06月
2004年05月
2004年04月
2004年03月
2004年02月
2004年01月
2003年12月
2003年11月
2003年10月
2003年09月
2003年08月
2003年07月

2006年 04月

2006.4.30(日): 眠い。
 寝る。
眠くて寝る。
暖かいね。
腹減った。
なんか食う。
眠くなる。
いかん、起きよう。
仕事だ、起きよう。
寝るのはやめよう。

 なんだ?これ。詩?バカな、うけけ。

2006.4.29(土): 下北沢club QUEにて。
"66NITE vol.4=40s 前厄記念 12時間耐Queオール馬ナイト"
同世代が集まってのお祭りイベント。
不思議に思っていた事がやっと判明した。
私も66生まれなのだが呼ばれた事がなく悲しい思いをしていたのだ。
ところがこのイベントは“学年”で区切られていたのだよ。
ですから私はなんと一コ上ということに、、、。
二位さんや益子さんやターシさんより学年だと上という、、、。
「もういいじゃん」と思うのだがちゃんと理由がある。
この“学年”の縛りを緩くすると出演者が急激に増えるのだそうだ。
そうか、、、

 楽しかったので次もお客でいきます、ぐすん。

■2006.4.28(金): うわ、、、。
 動けねぇ、、、。
2,3日前に首を寝違えたのか、振り向けない日々。
振り向かない日々、いいね。
癒えぬままのライブでしたが本番は関係ない。
で、今日は肩から首がバリバリです。とほほ

 今日は休んじゃったよ。

■2006.4.27(木): tae at shibuya O-crest
“渋谷維新vol.1”
ステージの奥行きが気持ちいい。
人も熱い。
良い出会いをありがとう、宮井君。
初めての場所はドキドキだが良くして頂いたので。
みんなありがとう。
次は0513FABです。
“UNITED'06”
あの伝説のツアーが東京で再び。

 待ってるぜ。

■2006.4.26(水): tae live RH.
 なんだかんだで久々のライブ。
初めての場所。
新曲も披露、歌うtaeです。

 音楽漬けの日々。

■2006.4.25(火): BRAZILIANSIZE登場。
 レコーディング音録最終日。
なんか緊張してカミまくった。
何をセッションしたかはお楽しみに。
まだ早いだろ。
思いっきりやった。
小野さん、、ゲーム?うけけ。

 さあ、これからだ。

■2006.4.24(月): tae録音俺日。
 俺日。(“オレビ”と読もう)
コーラスを入れてほぼ録りきった。
明日のゲストを残すのみ。

 今日バイク気持ちよかったよ。

2006.4.23(日): スピード。
 発想に手が追いつかない。
道具を使いこなせていない。
もどかしいが仕方が無い。
手間を惜しまなければ辿り着く。
それにしてももっと素早く出来るはずだとしばし手を休めマニュアルを開く。
見つけてガッツポーズ。
独り。
話したい。
自慢したい。

 メンバーよ、覚悟しろ。

2006.4.22(土): 撮影。
 久しぶりにマトモに?tae撮影。
何故か爆笑です。
そのうち発表します。
思いのほか時間がかかったので私の歌入れは中止。
余裕。

 夜、wellsの稽古で1日は暮れた。


 

■2006.4.21(金): “孤高の人”第4章
“孤高の人”第3章参照

 でも僕の思考は中断された。
「他にも写真を撮って欲しい物があるから一緒に来て欲しい」
それは住宅街によくある小さな公園に立っている立て札だった。
〜この公園は皆様の為の公園で一部の利用者のための公園ではありません〜
よくある公園の立て札。
「一部の利用者とは私の事なのだ」
悔しそうに指ではじいた。
「いつも綺麗に掃除をしているのは私なのに」

 混乱したままの僕は出来るだけ素直に話を聞いている。
そしてまったく普通なこの立て札に敵意を読み取ってしまっている。
2回シャッターを切った。

 その人は近くの青い屋根の家に住んでいる。

 向きを直り公園の入り口に戻るとそこには階段がある。
「この階段を通った人間がその夜セックスをすると地震が起きるの」
だから迂闊に通ってはいけないのだがその真実をみんなが知らない。
その事を皆に伝えて欲しいのだと言った。
こんな事も知らなかったのかとがっかりされたのがこれで7回目。
僕とその人は立て札を見に行く時この階段を使っていた。

 続く。

■2006.4.20(木): ボーカル録音2日目。
 なんだか変な天気の合間をぬってバイクは無事到着。
誰も来てなかったからロビーでCSI観ちゃったりして。

ホントに終わり?!
録れてんだよなぁ、これが。
途中で気付いたのはこのシステムでやるって事は
私のコーラスパートを録る時機械をいじる人がいないってこと。
あちゃちゃ。
さあ、これから孤独な作業が始まるぞい。

 まだまだ楽しいから大丈夫だ。

■2006.4.19(水): ボーカル録音1日目。
 手順でちょいとパニクったが大丈夫。
次々と重ねられるテイクはtaeの新境地ではないだろうか。
なんか嬉しくなってひとり打ち上げ敢行。

 何が枷となり何がそれを取り払うのか?
些細な事かもしれぬ。

■2006.4.18(火): 最近残るの。
 昨日のペテカン打ち上げ、移動して三宿で1軒。
全体的にお邪魔させていただいたのになんかしゃべってる俺。
楽しくなっちゃうんだな、きっと。
結局長時間の飲みはもう次の日がない。
そんなことはいってらんないのだ。

 大岡越前が始まった。

■2006.4.17(月): ペテカン、新宿THEATER/TOPS
『タバコの煙とコーヒーの湯気』
“禁煙成功三日目記念を祝って私はタバコに火をつけた
コーヒーの分かる女になるのと、彼女はドババと砂糖を入れた
そんな、そんな春”ペテカンweb siteより

 テーブルと2脚の椅子。
そのシチュエーションで交わされる何組かの会話がこのお話。
数台のモニターに映されるのは上からのテーブルの画だ。
吸い殻の本数、携帯をテーブルに置く人、置かない人。
コーヒーにミルクが入っているかいないか。
砂糖はいくつ入れるのか。
そんな何気ない演出にその役柄の人となりを垣間見る。
生きてるなあ、ペテカン。
今年は本公演はこれだけだそうな。
もう一回観たいが時間がない。

 残念。

2006.4.16(日): 作業続行中。
さすがに何も起きません。
今日は一歩も出てないんで。
五十歩くらい出たか。
突然ですが、スキップ出来ないトップページのフラッシュ(やたら待たされる)とか
消せないBGM(びっくりする)とか。いやぁ〜ん
今日はこんな事くらいですね。
そうだ、刺身でイケるモモ、レバー、砂肝、ハツを頂いたぜ。
すげぇぜ、厳選素材。
ぽん酢と柚子胡椒で頂くぜ。
パスタも作るぜ。レアでね。
生肉で大興奮。

 明日の為に今日も寝る(大山昇太)

2006.4.15(土): 世俗情報遮断。
 技術者モード。
ディスプレイとにらめっこ。
録音時には効率を重視した為修正作業が続く。
修正と言ってもテイクに手を加える事ではない。
音響工学的アプローチである、なんてうけけのけ。
私はもつれたネックレスの鎖をほどくのが好きだ。
あのすっきりは何にも代え難い。

 そんな感じ。

■2006.4.14(金): 波形。
 音の波が並んでいる。
倍音が少ない波は緩やかなさざ波。
逆は荒れる日本海。
表立ってデジタル技術が出て来た頃私は専門学校生だった。
授業では完全無欠の録音技術が噂されていた。
もう人間が楽器を弾く事もなくなるかもしれないと。
シミュレーターによってドラムはテリーボジオ、ベースはジャコ、
ギターはキースなんてカラオケが簡単に出来るようになると。
アホぬかせ。
人間は全自動だ。
そいつなりのね。
他人の人生を体験なんて出来る道理がない。
テク、筋力、哲学、感受性、その日の気分で出音は変わる。
何千、何億という因果関係がこの波を創っている。
その波が合わさって音楽が出来上がる。

 不完全って素晴らしい。

■2006.4.13(木): ギターダビング2日目。
 なぬ?終わった??は、、、早い!
普段はただの酔っぱらいだがギターが弾ける。

 そういえばここにある機材が危うく資産価値が無くなるところだったんだ。
PSE法
世のもオゾマしい法律。
電気用品安全法@2chまとめ
一応はビンテージ機材に関してはリストアップして対象外になっている。
しかし家電だって同じことだ。
ビンテージ、アンティーク、中古、、、。

 役所にそんな線引きができる訳がない。

■2006.4.12(水): ダビングデイ。
 ギター録った。
イケイケ行けぇ〜い!
その調子だ!
あとは私に任せとけ!

 独り言が多くなるのは許してちょ。

■2006.4.11(火): 野球。
盛り上がってる?もしかして。
知る人ぞ知る、私はサッカー少年だったわけだが
小学生の時、一度だけ地域の草野球チームに助っ人として入った事がある。
キャッチボール程度はやった事はあったが試合の経験なんてないのに、だ。
呼ばれた理由、これがすごい。
“左利きだから”
左投げ、左打ち。
それがいきなりピッチャーをやらされた理由だ。
これはもうイジメだろう。
球は早い! が、コントロールなんてあったもんじゃない。
んで、「あ〜あ、、」とか言われる。
塁に出てもベースから離れていいなんて知らなかったし
離れてもいいんならとリードしたら牽制球で刺される。
二度とやるかボケ、ぐすん。
ところがバンドマンは野球がお好き。
一度呼ばれた草野球はライパチ。
それでよし。
二度と呼ばれる事もない。

観るのは面白いよね。それでよし。

■2006.4.10(月): “孤高の人”第3章
“孤高の人”第2章参照

 その時僕は映画「ターミネーター」を思い出した。
絶対に起こる未来の戦争を警告したせいで
母は病院送りになった。
武器や資本、権力は彼女を相手にしない、
もしくは隠蔽する。
たったひとりでどうしたらいいのか?
映画を観ている僕は映画の中で起こる
「本当の事」を知っているから
母の話に耳を貸さない警官や医者に苛立ちを覚える。
しかしこの母が語る、世界が終結するという
とんでもない話を今、
現実に今、目の前で語られたら僕はまったく
信じない側かもしれない。

こうも思った。
この人は僕を試しているのかもしれない。
未来を託すにふさわしい人間を捜している神の使徒なのかもしれない。
本当に病気で大富豪でひとりぼっちで養子を捜しているのかもしれない。

       続く、、、

2006.4.9(日): モンモンモンモン、、、、
 遊んでないなあ、最近。
こんなお嬢さんに
「隣りよろしいですか?」
なんつって
「は?ダメです!」
なんつって。

 ありえねぇ〜。

2006.4.8(土): 逆相。
 音は波。
上がる波と下がる波が交互にやってくる。
まったく同じ形の波を上下を逆にしてぶつけると打ち消しあって平になります。
始まりが上がっているか下がっているかですね。
無音になります。
CDをカラオケに出来るコンポとかありますよね?
これは左右のスピーカーを逆相にして出すとド真ん中に定位している音は
打ち消しあって聞こえなくなるという効果。
これがね、録音で起こるのよ。
完全に同じな波は実際はなかなか無いのだが
例えばベースの本来の音とアンプからの音を一緒に出すと低域が無くなったりね。
なんかおかしいなと、これに気付くのに2時間。
なおすのに2時間。んがっ、、、。

 wells RHに遅れるところだった。

■2006.4.7(金): taeリズム録り2日目。
 マカエキスの差し入れ。
ここ一番!だって。
そうだ、「 名奉行!大岡越前」始まるねえ。
再放送もやってるねえ。
午前中からひと泣き、それからスタジオ。
いいですねえ。
強引なミンゾくんの誘いに乗って一杯。
必ず打ち上がる正しい人です。
DJ小野に別れを告げ街にそれぞれ消える。

 夜も元気!

■2006.4.6(木): tae 録音開始。
 そうよ、この為に脳味噌パ〜ン。
始まってしまえばこっちのもの。
 古田ってすごいよね。
キャッチャーやりながら監督だって。
きっと自分のチームが大好きなんだ。
何故古田なのか?
tae official diaryと併せてご覧の皆さんにはお判りかと。

 明日も録音ミンゾくん。

■2006.4.5(水): 地道な作業。
 この水面下の動きが花開く時が来る。
うずうずしてるぜ。
私がMacで最近何をしているか?
うっひょ〜、ぶち壊れそうさぁ〜♪
脳味噌ぱ〜ん。

 さ、風呂入ろうっと。

■2006.4.4(火): 路地裏の攻防。
 縄張りに侵入者発見。

■2006.4.3(月): 理由なき反抗。
 ”Rebel Without a Cause
有名すぎて観た気になっていた。

J.Dean週間になりそうな予感。

2006.4.2(日): 嘘。
嘘は言っちゃいかん。
嘘も方便。
言い続ければ真実。
バレなきゃ優しさ。
よっぱらいは嘘をつかない。
「嘘はだめだよぉ!カンチ、、、」

 一日ずれた。

2006.4.1(土): ぶふぉ、、、。
 4月だ。
パソコンでの作業はセーブを忘れずにね、俺。
とほほ。

 たまたま見た雑誌のたまたま開いたページが普段は気にもしない占いで
気まぐれに読んでみようなどと魔が差してその内容が
「今日一日は最低なんだからじっとしていなさい」
と書かれてあった一日はもう終わってる。
そう、読んだのは夜さ。
素敵。

 目がかゆい。