スタイルシートの設定を on で御覧ください。
off ではレイアウトが正しく表示されない場合があります。
また、古いヴァージョンのブラウザではスタイルシートをサポートしていない場合があります。

TankBoy

 
    HOME     PROFILE     PROFILE     WORKS     BASS     MOTORCYCLE     BLOG  

BLOG: backnumbers

2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年09月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年04月
2009年03月
2009年02月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年06月
2008年05月
2008年04月
2008年03月
2008年02月
2008年01月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年09月
2007年08月
2007年07月
2007年06月
2007年05月
2007年04月
2007年03月
2007年02月
2007年01月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年09月
2006年08月
2006年07月
2006年06月
2006年05月
2006年04月
2006年03月
2006年02月
2006年01月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年09月
2005年08月
2005年07月
2005年06月
2005年05月
2005年04月
2005年03月
2005年02月
2005年01月
2004年12月
2004年11月
2004年10月
2004年09月
2004年08月
2004年07月
2004年06月
2004年05月
2004年04月
2004年03月
2004年02月
2004年01月
2003年12月
2003年11月
2003年10月
2003年09月
2003年08月
2003年07月

2004年 01月

2004.1.31(土): 昼間から。
 真似をしてjazzとか聞きながらお風呂に入ってみる。
雑誌とかは買わないので本は「鬼平犯科帳」。
意外にいけるじゃないか。

 次は「世に棲む日日」司馬遼太郎で。

a film“rahmens no.13[classic]”

■2004.1.30(金): 最終日。
 [colors of life]東京最終日。
観ていただけました?関係各所様!
後で俺にビデオでも借りてなんて甘いですから。
持ってないですから。終わっちゃったね、けけけ。

 そのうちどうにかなるかもしれませんが、
あたしゃ知りませんよ、ほんと。

a film“three amigos”

■2004.1.29(木): 第4章“君を探す”
第3章 2003.12.24 blog 参照。
 あの携帯への突然の連絡から以降、
僕等は“以前”より連絡を取り合うようになった。
とは言っても1ヶ月に1度声が聞けるかどうかではあったが。
 
 終電まではあと4時間。
いくら話しても話し足りなかった。それも当然のことだった。
なにせ1度にどれだけの量の情報を交換しなければいけないのか。
 
 とても慎重に、丁寧に、できるだけ誤解の無いように話す。
勘繰ってねじ曲げないように素直に、言葉をそのままに聞く。
そこに見えてきたものがたとえ今、悲しい結果だとしても
それはきっとたまたまだ。
先の事は判らない。今話してる、聞いていることはすでに過去だ。

 僕等は約束をした。
本を貸そうとか、映画に行こうとか、芝居のチケットが2枚あるから一緒に行こうとか、そんな類の口約束。
でも約束、それは約束されたのだ。
すごい事じゃあないか。

 もうそろそろ始発が動き始める時間。
店の閉店で僕はそんな時間に気付いた。
君はタクシーをつかまえた。
僕は見送りながら君の乗り際の台詞に囚われていた。
「終電で帰るつもりだったのに、、、」

 まだ“君”が見つからない。

■2004.1.28(水): プランター。
ひとつは実家から持ってきた観葉植物が植えてある。
もうひとつは夏、秋と外に放置した。
きっと何かの種が飛んでくるはずだという実験。

 なにやら芽が出ていますよ、ほんと。
ポインセチアの小さな鉢植えを1bの木にまで
成長させた私だ。
野草などお茶の子。

■2004.1.27(火): m.t.1にて。
mr.aokin sky walkerと差し。
思い出せないバンド名、、、

「あ〜〜ばい、わからんばい、、、
ほら、あの、なんだ、ほれ、あったじゃん、あれ、
なんかさぁ、、、しらん?」

って、ひとつくらいヒントをくださいよ、、、。

■2004.1.26(月): shimokitazawaからshibuyaへ。
tae rh&babamania live.
 髪伸ばそうかな、mari嬢みたいに。

2004.1.25(日): 古典。
 この話はどうなっていくのだろう?なんて心配せずに済む。
物語に没頭出来る訳だ。
 そして舞台には魔物が棲んでいる。
“完璧に同じ事を何度でもやる”と
“同じ事は絶対にしない”どっちも集中力を要する。

しかしライブの醍醐味をハプニングに期待するのは間違っている。

a film“one hour photo”

2004.1.24(土): 今日から。
[colors of life]上映。
観て、みて。

 今夜の集まりは有意義で、熱い男達はまだまだ絶滅していないって事が確認できた。
盛り上がって転がれそうだ、そこんとこよろしく。

■2004.1.23(金): 携帯。
 忘れてrhへ。
確かに不便だがほっとする。着信履歴やら
メールチェックやらなんやら、やたらやってたんだなぁ。
その間に見逃している風景や出来事。

 とかなんとか言いながら活用してますが、なにか?
「今から電話してもいい?」
な〜んてメール出しちゃったりなんかして。
俺がじゃねぇぞ、お前だ、お前。
「いいよ〜ん♪」なんて返事したりして、ってばか。

a film“rahmens no.6 [flat]”

■2004.1.22(木): 風。
 首をすくめて、ポケットに手を突っ込み、
若干背を丸めて歩いていた。焼き肉店はガラガラ。
アメリカの騒ぎが影響しているのは当然だろう。
しかし、炭火の前は暖かそうだが、強制排気の威力は凄まじく、場所によっては凍えるほど寒い事も
皆気付いているのではないだろうか。

 大切な連絡を取り損なった。
風が冷たいなんてうずくまっているうちに。

■2004.1.21(水): 燃えよ、オレの闘魂。
[antonio inoki complete fights]が完全限定5000組で発売される。
13枚組dvd-box127試合完全ノーカット!

 バ様がプロレスをよくみていた。そのおかげか私も兄も好きだ。
その昔、兄がLPレコードを買ってきた。cdでもvideoでもない。
選手の入場テーマはもちろんだが、猪木さんへのインタビュー、
それになんと、試合の実況も収録されていた。

「アントニオ猪木対大木金太郎」
ヘッドバットの乱打をさんざ受けたあげくの連続のバックドロップ。
古館伊知郎氏の実況のみで受け継がれたinokiismがここにあるのだ。

 ほしい、、、。

a film“the man who wasn't there”

■2004.1.20(火): リビングにて。
「愛という名のもとに」なんて見てしまった。
当時全然見ていなかったはずなのに、
「あんちゃんはQ2の仕事」だとか
「差し出された手はルビー・モレノだ」とか知ってた。

 何故、、、なぜなんだ?

■2004.1.19(月): shimokitazawa basement barにて。
 tae live.
必ず何かを課して押し上げていく。
積み重ねて身体に教え込む。

 そしていつのまにか唯一無二な存在になるのだ。

出会えた人々に感謝、ありがとう。

2004.1.18(日): kumagaya vogueにて。
[colors of life]上映。
 ちらりツーリング。
舞台挨拶もあり。今回も大入りでした、ありがとう。

 ハーレー乗りと話すと笑えるが洒落にならん。
「リアのブレーキキャリパーが吹っ飛んでやんの、
がははっ!」
、、、って、それって箱根の峠での
出来事なんですか、、、?

2004.1.17(土): 防寒に関して。
 バイクは何故ここまで防寒に気を使うのか?
高速道路を0℃の中(もっと低い事も)
時速100qで巡航するからだ。
数時間走り続ける事もある。
スキー用グローブ防水加工有り、は
いかがなものだろう?

 答え;凍みしんじむぅ。縫い目から風が入る。
 対策;液体ゴムを塗り込む。これで良し。
だけど、
もっとシンプルにいいの無いだろうか、、、。
 

■2004.1.16(金): shibuya lamamaにて。
andorogyny live.
 私、このバンドも最初からみてる?もしかして。    

 忘れないようにメモ。
“良いモノでもイイとこ取りでは核は伝わりにくい”
“ただ減量はこの齢ではキツイので燃やすか付けるがよろしい”
“髭は基本無しだがススムさんは良しとする”
“女子大生はいまだにブランドである”
“中村勘九郎のものまねは微妙”

■2004.1.15(木): 都内某rh studioにて。
 tae rh.
もしかしてこの人達少し変わってる?
“直感”が素直じゃないね、きっと。
実に愉快。

a film“insomnia”

■2004.1.14(水): なんて寒いんだ。
 18日、「colors of life」チームでプチライド。
その為“黒狼”のメンテナンス。
やけに取り回しが重く、溝をやたら拾う。
こんなもんだったかな、、、と、
いやいや、空気圧だったとさ。
お粗末。

 少しノッキングが気になる。点火タイミングか?
ん〜、、、ベストはどう出すのでしょう。

■2004.1.13(火): 残念。
 更新を楽しみにしていたサイト「宮崎吐夢の今夜で店じまい」が
“閉店”してしまった。しょんぼり、、、
けど、dvdで発売されるそうだ。

a film“american history x”

■2004.1.12(月): 茂さんとこ。
 焼鳥屋さんで芋をぐびっとね。

 話していると自分の考えがまとまっていく。
振り返り、実体が遠くに在ったとしてもそれはそれ。
ここに身を置く為にやらねばならん事が増えていく。

「俺は望んで、ここへ、ここへ来たのさ」

a film“cast away”

2004.1.11(日): お買い物。
 1988XLH883のバッテリー。
t's home(ガレージにして楽器屋さん兼スタジオ)にてフル充電。
極寒の中乗せ変えるが“黒狼”は吠えない。cd90sに嫉妬?
バッテリーリレーの接触不良。数度の抜き差しで復活。

 2003.12.11以来1ヶ月ぶりの目覚めにそうとう不機嫌だった。
まあ、そう怒るなよ、相棒。
「出かけようぜ」と急かすような鼓動はシャッフル。

 「さあ、迎えに行こうか。」

 、、、ってこの文章、ぷぷぷだな。
乗り物だっつぅの。

2004.1.10(土): 本格的。
 寒い。
オートバイに乗る為の装備がやっと重厚になった。
厚みより隙間を無くす事が重要。
縫い目やジッパーも。あとグローブ。
もう冬は何度か越えているが、まだ完璧ではない。
そうか、今月31日で4年だ。

「この距離、バイクならすぐなんだよ、
わかってる?」

■2004.1.9(金): 都内某rh studioにて。
 tae rh.
その後、ひさびさにミーティング。
意志の確認、熱いとこあるじゃん。

 まだまだイケるというならば、きっとまだまだイケるのだ。

■2004.1.8(木): そうだ。
 良い事があったので忘れないよう箇条書き。

 元旦に乗ったタクシーの運転手さんが
「俺が乗せた芸能人(私?)は売れる!」と言った。(固有名詞有り)

 おみくじは大吉。
これの一句が“龍”とか“登る”とか格好良かった。

 母上による姓名判断がまるで“魚座のB型”みたいで
今の仕事は向いているようだった。
もちろん大器晩成。

 私が乗っているバイクのガソリンタンクの上にカウル付きの座席があって、
そこにチワワが風を切って座ってる夢をみた。 
 

■2004.1.7(水): 手にいれる。
 嘗て、ただ眺めていた“月”をカメラにおさめる。
手にいれた気になってみる。

 天体望遠鏡があれば
もっとそばによれるかもしれない。

■2004.1.6(火): 風景。

ふらり、ふらり。ぱしゃり、ぱしゃり。

■2004.1.5(月): まるっと1日。
 だらだらのグズグズ。

 おともらちからのメール。(抜粋)
「気付けばもう1月5日で、今年も残すところ361日。
閏年で1日多いといえども、うかうかしていたら
また年末になったしまいますね、云々」

 まったく、まったくもってそのとおり。
それにしても猛ダッシュしてんなぁ。

2004.1.4(日): 帰郷、再び。
新しいカメラを入手。
これを持って多摩川沿いをcd90sで爆走、、、
気がつくとそこは羽田、ん???真逆じゃん!

 方向音痴などとるにたりん、ふん。

2004.1.3(土): shimokitazawa hondagekijyoにて。
 rahmens 第14回公演「study」
このお二人はなんなんでしょ、、、
隙がないというか、私大好きです。

 隣の女子が二人のやりとりをメモっていた、
たぶん、、、
速記術だったのでわからんが。

■2004.1.2(金): もう2日か。
 帰郷。
8人ほどが集まり酌み交わす。
(飲まずにハイなチビ×1、フォース有?無?)
地酒があった。その名も“新撰組”
土方歳三生誕の地に因んでいる。

■2004.1.1(木): 新年のご挨拶。
 限られた時間の中で少しでも解ってもらおうとする事の
難しさと喜びを再認識している。出会いに感謝。
 
“2004年が愛と平和と理解であふれますように”

坂巻 晋