スタイルシートの設定を on で御覧ください。
off ではレイアウトが正しく表示されない場合があります。
また、古いヴァージョンのブラウザではスタイルシートをサポートしていない場合があります。

TankBoy

 
    HOME     PROFILE     PROFILE     WORKS     BASS     MOTORCYCLE     BLOG  

BLOG: backnumbers

2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年09月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年04月
2009年03月
2009年02月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年06月
2008年05月
2008年04月
2008年03月
2008年02月
2008年01月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年09月
2007年08月
2007年07月
2007年06月
2007年05月
2007年04月
2007年03月
2007年02月
2007年01月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年09月
2006年08月
2006年07月
2006年06月
2006年05月
2006年04月
2006年03月
2006年02月
2006年01月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年09月
2005年08月
2005年07月
2005年06月
2005年05月
2005年04月
2005年03月
2005年02月
2005年01月
2004年12月
2004年11月
2004年10月
2004年09月
2004年08月
2004年07月
2004年06月
2004年05月
2004年04月
2004年03月
2004年02月
2004年01月
2003年12月
2003年11月
2003年10月
2003年09月
2003年08月
2003年07月

2005年 04月

2005.4.30(土): club QUEにて。
 小野眞一DJ。
2順目はいつもの泥酔パターン。
いつもならここで強制送還だが今夜は違う。
ステージから降ろさないぜぃ。
CDを選ぶ者、手渡す者、体を支える者、手元を照らす者、
CDを仕舞う者、、、。王様か、、、

その後沼倉氏の飛び入りで次へと繋げた。
「小野ちゃん風味でやるんでよろしくどーぞ!」
当たり前だ、小野ちゃんのCDで急遽まわすんだから。

 面白かったぁ。

■2005.4.29(金): あちゃ〜、、、
 また“○まで生テレビ”を見つけてしまいました。
これって“○ャベリ場”とかわらん?もしかして。

 でもこっちは見れる。

■2005.4.28(木): tae live at club251
燃えたよ、ほんと。
ありがとうございます。
今、私は本当に音楽三昧な生活をしています。
へとへとですが充実してるよ。

 よし、次は“妙なる楽の音vol.4”で会いましょう。

■2005.4.27(水): LIVE DVD 04
 やった〜!
パッケージも完成しなかなかどうして、良い出来。
CDとはまた違った感動があるもんです。

 嬉しぃ〜、明日下北沢にてライブ。

■2005.4.26(火): 歴史
 話してみないとわからんもんだ。
よく行くお好み焼き屋さんの姉さん。
何気ない一言からはじまったバンドの話。
繋がっていく人脈。
なんか迫力があったしはっきりした物の言い様が
気持ちのいい人だったがそういうことか。

 しかし、おっかねぇ〜。

■2005.4.25(月): “snatch”用リハ。
 その後、有意義な会談があった。
基本的に真面目な人間ばかりだ。
照れたりひねくれてたり、ヘタだったり、、、。

 色々いるけど“その事”に関して真面目だ。

2005.4.24(日): 晴れ。
 こんな日でも地下に潜る俺達。
昨日からまたスタジオが始まった。
よくわからないけど突然無性に素っ裸になりたくなる時ない?ある?

 ある!

2005.4.23(土): 着うた。
携帯のメールはウザい、とか言ってる男(二の腕大好き)も
着うたが流れる。
これもけっこうは表現方法だ。悪くない。
私は探すのが面倒なので録音してみた。
いい所でリピートするように録音を何度もやり直していたら
平気で1時間くらい経ってた。
御苦労さん、俺。

ひとつだけ、なかなか聴けない曲がある。

■2005.4.22(金): エンドーさん誕生ぱーりぃー。
 昔からの常連が久々に集まってたらしい。
兄妹で飲まれる者、ひとり飲まれる者、
あまりにアウェーで怯える者、、、
もう何を言ってんのかわかんねぇよ、こいつら。
こんな愛すべき連中を束ねていられるエンド−さんって。

 すげぇな。おめでとうございます。

■2005.4.21(木): うわ、、、。
 キューピーさんがタラコの気ぐるみ(?)を着て
いっぱいで回転してる。
これ、超カワイーとか?
ウケるんですけどーとか?

■2005.4.20(水): tae RH.
 ほんと、よくベースを弾いてますよ。
次回のライブは新曲、久しぶりの曲やっちゃうか?うけ。
家に帰ってから音楽にどっぷり浸かる。
the bandの「ラストワルツ」で昇天。

 壁が厚くてよかった、、、。

■2005.4.19(火): 緑道にて。
 人工の小川が流れる世田谷の緑道。
驚いた。

■2005.4.18(月): 名奉行!
 大岡越前
以前は加藤剛氏が演じて好評を得た。
今回はあの北大路欣也氏!やっぱ良い役者さんだ。

 サ○バだのキンキラ衣装だのやっとる場合か。

2005.4.17(日): 録音4日目。
 ばらすいしっ!(素晴らしいの業界用語?)
いとーはん(精神ヨーダ的ディレクター:フォースは、、、)
バッドおから(オスオスッ、ウスウスッ!)
りょういっつぁん(ここに泊まってる?)
ありがとう!!!

 手応え有りの4日間。引き続きよろしくね。
こんな私達の28日のライブは必見です。あ、、、
イベント“snatch”の特製バッヂくれるってさ。
お得ぅ〜

2005.4.16(土): そしてまた、
 taeの録音です。
珍しくミンゾくんがハマる。
意外と繊細なのねん♪眉毛ないのに(怖い)
なんちゃって。よくやりました。

 明日は終わったら一杯やろう。

■2005.4.15(金): “音遊”
 ラーメンズに“音遊”というネタがある。
「音を楽しむというより、俺の場合音と遊ぶのだ」
とラーメンズワールドが展開されていく。
まさにこれが関わり方の真理な気がしてしょうがない。
どっちがどうのではなくて。
色々ライブに足を運んで思う事。
私は小言を言いがちだが小心者なので
ここでは言わない、けけけ。

 ラーメンズ観ようっと。

■2005.4.14(木): tae recording2日目。
 リズムに関してはほぼ半分終わった。
スタジオまでの道程、バッドおからの走った道を
真似して行こうと
地図も待たずにうろ覚えの道を行くものだから
すぐに迷ってしまう。
方向音痴もあるものだから一方通行にはまると
同じ所に出たり、逆に走ったり、、、。

 それでも楽しくなれたのは
「鮮明な記憶」があるからだよ。

■2005.4.13(水): tae recording初日。
 順調です。
今回は弦を太いのを使ってみた。
いつもは100~045だが今回は105~045。
暴れにくいがそこをさらにイッてあげると
うねりが増す。

 攻め甲斐があるってもんさ。

■2005.4.12(火): 本多劇場にて。
 ラーメンズ第15回公演「アリス」
もう、有り得ない!
恐ろしいです。
素晴らしいです。

 ものまねは重要ですよ、やっぱり。

■2005.4.11(月): レコーディング用。
 最終確認。
準備は整った。
あとは現場で“ヤツ”を待つ。

 気紛れ天使を味方につけるってやつさ。

2005.4.10(日): 下北沢club queにて。
 プロペラ ワンマンライブ。
ガッツがあるよ、ほんと。
打ち上げにもお邪魔させていただいた。

 やっぱバイクの話になっちゃうのよね。

2005.4.9(土): 第9章“君を探す”
第8章2004.12.13blog参照。

 目黒川に架かる橋の上で桜を観ながら
缶ビールを飲む。

土曜日の中目黒、しかも季節がら大変な混雑だった。
待ち合わせの橋の上まではそこそこの距離があって
電話によるとこれといって目印もなかった。
やっと見つけた2人は地面に座って
缶チューハイをあけている。
僕はこのあと仲間が今夜DJをやるというので
その店に行かなければならない事を告げた。
恋愛や仕事の話は尽きないらしく、
いる事のできる時間内にはとても終わりそうにない。
再会を約束し僕はその場を後にした。
髪の中に紛れ込んだ花びらを指摘されていたけど
僕はそのままにしておいた。

 思い出したんだ。
ヘルメットの中に潜んでいた花びらを
僕が摘まみ上げるのと同時に
“君”がそれを見つけ
「あ、桜、、、」と言った。
僕は指を急に止めることは出来ずに捨ててしまった。
だからと言って気まずくもならなかったし
その事がその後話題にあがったりはしなかった。

 こんな些細な事が想い出なんてモノになってしまうのだろうか。


■2005.4.8(金): さぼ君レコーディング。
 全身の血が入れ代わったみたいに調子がよろしい。
言いたいから言う、

 ありがとう。

■2005.4.7(木): アーチ。
 桜のトンネルを抜けた。
あの光景、温もりは生涯忘れない。

 くう〜、、、詩人。

■2005.4.6(水): tae RH.
 気合いだぁ〜!
二転三転する状況をどこまで把握すればいいのか。
俺の仕事はなんだ?
なぁ〜んて事を考えるのもつかの間。
RH→打ち合わせ→the who→U2→タクシー→家。

 御機嫌さんでしかも明日はツーリング♪

■2005.4.5(火): さぼくんプリプロ。
 シンプルだが奥行きのある曲だ。
曲も曲だがやはりデビューから15年!
ほっといたって出て来てしまうモノがある。
ずっとみつづけてきた人も多かろう。

 その事が物語る。

■2005.4.4(月): ぼんやり。
 なんとなく外をぶらぶらしてたら桜が。
次のツーリングは最後の梅を観に行こう。

 どこだ?

2005.4.3(日): 陽当たり。
 今の家はほとんど考えず適当に決めてしまったので
あまり陽当たりが良くない。
そこだけはこだわるべきだった。
気分がずいぶんと違うものだ。

 今廻りは空前の引っ越しブームだ。
私も乗るか!?

2005.4.2(土): 笑点。
 行ってきました、後楽園ホール。
でかしたぞ、Nっち。
the wellsはここでワンマンライブをやった。
当時の私にとってはリングス
(前田日明氏主催。今は無い)の実験リーグや
全日本プロレス、女子プロと
プロレスを見に行っていた場所。
ライブをした時は楽屋、
というかロッカールームに入った時、
かなりテンションが上がったのを憶えている。
そこでの大喜利。
歌丸さんはもちろんだが子遊三さんがヤバいのだ。
自由すぎる。
佐藤浩一、奥田瑛二、火野正平ばりの!?モテモテさんかも知れん。

 

■2005.4.1(金): 解禁!
 高速道路タンデム(2人乗り)解禁だ!
けっこうねぇ、地味に運動していたのですよ。
署名運動とか、政治家の人と話したりとか。
私じゃないよ。署名はした。
今日どなたかがコメントで
「自己責任の範疇に入った」とかなんとか言ってましたが
そんなもなぁ基本ですよ、基本。
バイクは剥き身です。バランスを崩せば倒れます。
後ろに乗せると言う事は助手席に乗せるなんて比じゃありません。
それなりの決意、信頼がなければ成り立たないのです。
まあ、どんな乗り物もですが。
ですよね?
クルマに乗れば人、バイクがウザい、
歩行者になればクルマ、バイク、人が危ない、
バイクに乗ればクルマ、人、バイクが危ない。
どの立場でもそうなんですから優しくいきましょうよ。


 バイカーの皆さん、本当にバカな走りだけは止めましょ。