スタイルシートの設定を on で御覧ください。
off ではレイアウトが正しく表示されない場合があります。
また、古いヴァージョンのブラウザではスタイルシートをサポートしていない場合があります。

TankBoy

 
    HOME     PROFILE     PROFILE     WORKS     BASS     MOTORCYCLE     BLOG  

BLOG: backnumbers

2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年09月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年04月
2009年03月
2009年02月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年06月
2008年05月
2008年04月
2008年03月
2008年02月
2008年01月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年09月
2007年08月
2007年07月
2007年06月
2007年05月
2007年04月
2007年03月
2007年02月
2007年01月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年09月
2006年08月
2006年07月
2006年06月
2006年05月
2006年04月
2006年03月
2006年02月
2006年01月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年09月
2005年08月
2005年07月
2005年06月
2005年05月
2005年04月
2005年03月
2005年02月
2005年01月
2004年12月
2004年11月
2004年10月
2004年09月
2004年08月
2004年07月
2004年06月
2004年05月
2004年04月
2004年03月
2004年02月
2004年01月
2003年12月
2003年11月
2003年10月
2003年09月
2003年08月
2003年07月

2005年 01月

■2005.1.31(月): ライブのはしご。
下北沢shelter&club251.
プロペラはワンマンで満員。
白状するとプロペラは初めて観た。
丈夫だ。頑丈だ。地力が強い。
ホリックは解散してしまった。
私はなんとも声のかけようがない。
でも明るく前向きなメンバーの顔に救われた。
ロックバンドが悲壮感で締めくくるなんてアホらしいもんな。

 満足か、、、。

2005.1.30(日): ばさま。
 二十三回忌。
そんなに経つかぁ。

 この辺もずいぶんと変わった。
住宅が増え道が整備され人が流れる。
私の通った保育園、小学校、中学校は一所に
集まっていて、同じ通学路を通る。
川を挟んでいるだけなのだ。
写真でも撮りたいのだがそれこそ変態と思われそうでやめた。
地元に帰ってそんな気遣いをしなくてはならない世の中が
はたして幸せだったり自由だったり豊かだったりしているのだろうか?

 ねえ、

2005.1.29(土): 青山、月見ル君想ウ にて。
Trance Noise Machine live.
先日のsaikoレコーディングでエンジニアをしてくれた
ちゃっぴーさんのライブ。
後があったので飲みも控えての参戦。
フロアーでゆらゆらしてたらもっと楽しかったろうな。
休憩中に流れた大食い挑戦のヴィデオにやられ
またしてもお好み焼きを食す。
粉好き。

 ツブれそうな体を引きずり三茶へ。
ぐっさんと打ち合わせ。完璧。
さあ、明日は8時起きで実家だ。

■2005.1.28(金): 昨日のその後。
 散歩がてら表参道から渋谷まで。
食事をしているとMr.aokin skywalkerより入電。
sepaのライブが渋谷であるとのこと。
その前にお好み焼きにいこうと。
今食ってます。
こうして長い一日が始まった。
芝居鑑賞→食事→sepa live(感動!)→打ち上げ→
社長go goより入電→社長飲みに合流→
店員さんをいじる→急にまじめ話→お先に失礼→
ヴィデオを観ようと悪あがき→気絶。

 お疲れ様。

■2005.1.27(木): アートスペースリビーナにて。
KAKUTA若手実験公演vol.2
“無敵”
劇場ではない場所での演劇はそれを
いかす工夫が必要だろう。
さすが実験と銘打つだけの事はある。
まだ公演中なので書きませんが
夜と昼では印象の違う御芝居になるでしょう。

 明かりは大切だ。

■2005.1.26(水): 外に出る。
 空をよく見上げる。
陽のあるうちに月が出ていたり
おしい!と言ってしまいそうなくらい微妙に
丸くない月がいいなあ、などと思ってみる。
この景色は同じものは二度とないのかと、
しかしカメラはないし、でもまた次の機会に。

 このタイミングが運命なのか?などと考えてみる。
だとすればどうなろうと悪くはないな。

■2005.1.25(火): オーディション。
 ぐっすん、、、。
受けたからには受かりたかった。
でも最終の5人まで残っていたため
今日まで結果の連絡が遅れたのだそうな。
玉砕じゃなくてよかった。
なにせ俺様位になると「〜ぽく」ならないからな。
本物ですから〜っ!めそめそ、、、。

 さ、次つぎ。

■2005.1.24(月): 一夢庵風流記
隆慶一郎氏著。
傾奇者(かぶきもの)、前田慶次郎利益の生き様を描いている。
何度となく読み返しているがやっぱ燃えます。

 真実を語るとはじき出される事がよくある。
つまらない世の中だと思うがそれもなんとか面白くいきたいものだ。

2005.1.23(日): 松蔭神社にて。
“and Me”produce namber1猪突するココロ
御芝居。
女子5人。一人の男が消え、部屋を訪ねる。
そこでのやり取りという形を借りて人物を描いている。
カップルで観に行った方、男子はとばっちりを受けてるんじゃ無いだろうか。
うしゃしゃ。

 色々と楽しませて頂きました。ありがとう。

2005.1.22(土): 小言。
 どーもいかん。
話しているうちに説教じみてくる。
こんな上からモノを言うような話し方で
私が話されたら良い話でも聞かないんじゃないか。
まだまだ精進が足りませぬ。
でもね、ほんと色々あんのよ。
解ってね。

■2005.1.21(金): 日本武道館にて。
 sting live.
あらぁ、、、大人だわ。
周りから「脚なげぇ!」とか
「素敵だわん」とか聞こえる。
まったくだ。

 あっさりと2曲目にthe police時代の
曲をやってしまう。
並んで観ていた沼倉氏とほぼ同時に
「はやっ!」
と突っ込んでしまう。
封印する事より解放するほうが難しいと思うのだが
“自分を認めてあげる”事さえ出来れば、
“知る”努力を惜しまなければ解放も夢ではないと思う。
そしてひとつ、説得力を持つのではないでしょうか。

■2005.1.20(木): tae RH.
 新曲を合わせる。
しかしよく練習しているなあ。

 私は一部の人なんだろうが、安心感を与えるのだそうだ。
う〜、、、危険な香りのほうがいい。
火傷するぜい!みたいなのがいい。

■2005.1.19(水): 昨夜。
 よく話し、よく笑った。
多少声が枯れていたりするのは気のせいだ。

今夜は友人のアーティスト写真を撮りに家まで。
舞台のオーディション用だそうだ。
受かったら一杯御馳走になるということで
話はついた。

 気持ちを受け取るよりこっちののほうが高くつく。
うけけ。

■2005.1.18(火): saiko2日目。
 今日は小野、安倍川、坂巻+大槻氏。くわぁ〜〜〜〜、、、。
リズムの1曲を終え私はとあるオーディションへ。
小一時間で復活するとやけに歓迎ムード。
別曲のギターに入っていた。
大槻、安倍川の姿は見えない。あいつら、、、。

 全て録り終え、機材を各方面に片付け飲み会へ。
ぐっとビールを飲み干し「幸せ〜」と小野君。
これに尽きる。

 沼倉氏、激励訪問ありがとう。
さぼ、ありがとう。

■2005.1.17(月): 川沿いのスタジオにて。
 saiko recording初日。
今回は全部で4曲。今日リズムを3曲終えた。
全開で挑むのはもちろんだが、忍んで委ねるのも素晴らしい。
今回も私は学んでいるなあ。

 ありがとう。

2005.1.16(日): パンフほぼ完成。
今朝の6時でござ〜い。
うひょひょ。
妙なテンションで掃除を始めた。
思いっきり意識して独り言を言う。
たまに自分にウケたりしている。
窓を全開にして
「さっっみぃ〜〜〜〜!!!」
「ゴ〜リラゴリラ、うっほっほ、うっほっほぅ」
え?また作るモンが増えた、、、。

 友よ、今日はそばには居れんが共に進もう。

2005.1.15(土): 雪にならず。
 レコーディングの諸々確認。
寒いねぇ、しかし。
真似して買ったあったか毛布が活躍。
パンフやんなきゃな。

■2005.1.14(金): 稽古場。
 手伝っているお芝居のパンフレット用写真を撮りに行った。
こんなの初めて、ぽっ。
耳慣れない専門用語。
「今日はもう稽古とっちゃおうか?」
どうやら予定を切り上げ早く終わる事らしい。
他にも?はあったが忘れた。

 ここに監修として関わっているI氏という人がいる。
ナイスミドル。靴下が可愛い。
必要と無駄の分け方が危険だと思った。
でも生意気な事言いますが物言いがちょっと似てる気が、はい、、、。
すみません、謝っときます。んで、、、
「ロックは生き様だ!」「芝居は人生だ!」
これを突き詰めるとその事に関して恐ろしく純粋になるからだ。
他の事なんてどうでもいい。
人には優しくも、冷たくも、熱くも、どうにでも映るのだ。
気づくと怪物が生まれているのだ。

しかしだ、考えてもみろ。
そこに立つ男は身を削って捨てて思想を得たのだ。
同じ苦しみを味わうことなくそこに立てる後続者が育つならと
赤裸々に恥を語り、晒し、“ここにいる”意味を教えるのだ。
「嫌なら出て行け。それでいいんですよ。」
そうだよ、危ないんだもの。寂しいんだもの。知ってんだもん。
物腰は柔らかく、とても優しい顔で終止話してくれた(ないすふぉろー)

立ち去る後ろに“道”が見えた気がした。

■2005.1.13(木): tae RH.
 音楽三昧。
新しいものばっかりなので楽しくてしょうがない。
録音して持って帰ってきたやつを聞くのがまたたまらん。
頭を使い続けたので明日は休もう。うん。

 何をして休もうか。

■2005.1.12(水): レコーディングプリプロ2日目。
saiko RH.
今日は後半で一人加わった。
はいぱーおーつき氏。
日本屈指のスーパーギタリスト。
因みにうちの小野氏は絶滅危惧種として有名。

え〜い!書いちゃお。
Dr:abekawa minzoku
Ba:sakamaki susumu
Gu:ono shinichi
Gu:otsuki takashi
Vo:suzuki saiko
music:otsuki takashi,numakura takashi,,,,,
words:suzuki saiko,numakura takashi,,,,,

 観てぇ〜〜!

■2005.1.11(火): プリプロ初日。
saiko RH.
暖、冷、冴、緩、痛、癒、幼、艶、、。
不思議な歌声だ。

 聞き入ってたら間違えた。

■2005.1.10(月): 断水。
 水道局や管理会社に電話。
入り口の左側にある掲示板を見に行くと住民が何組か集まっていた。
こんなときは普段挨拶もしない連中が結束している。
そして水道工事のあんちゃんがとばっちりを受けている。
明日にはなんとかなっているだろうと、私は諦めて寝る事にした。
でもそうはいかなかった人達は不安だったろう。
税金を払うのはかまわん。
しかしまともに使ってくれ。

2005.1.9(日): は〜、、、。
 さぼってるな、、、。
まずいぞ、あっという間だぞ、う〜。
誰か、私を叱ってください。
やっぱやめてください。

 明日色々とやります、はい。

2005.1.8(土): 門やん。
 お酒を飲みながらゆっくり話が聞けるのは
やっぱり素晴らしいことだ。
その経験やエピソード、細かい気配りやおもいやり。
少し脳味噌が緩んでからの話は脱線しながらも(ここ大事)
歴史に触れることができる。

 良い時間でしたよ、

■2005.1.7(金): 遠乗り。
 犬吠埼へ。
日本最東端で免許を取って最初に行った所か?
ん?それは伊豆か、、、?
とにかく私のとっては過酷な記憶しか無かった場所。
寒いし(これは季節がらか、、、)風が強く砂を舞い上げ、
もう痛いし息が出来ないし。

 今回は穏やかであったかくてご機嫌さん。
でも腰はきつい。
んで、夜は知り合いの店「H」でDJ。
夜中の3時からって、朝8時起きだったのに。
でも小悪魔に褒めてもらったからいいや。
オノシンに合気道も教わった。
これで痴漢にあっても撃退出来る。

■2005.1.6(木): tae RH初め。
 gaku,aokinと合流し歓談、そしてque新年会へ。
プロペラのゆうたろう氏と久々の再会。
その昔渋谷エッグマンで「それ行け たまご男!」
という世にも恐ろしいタイトルのオールナイトイベントを
主催していたことがあり、その頃出会い惚れて出演をお願いした。
ホーボーズジャングルというバンド。
そしてプロペラ。

 嬉しいです、また!

 

■2005.1.5(水): チャットメールなるもの。
 携帯のメールを呼び出しその画面の5段目。
チャットメールという機能がある。
ツーリングのルートをなんとなく決めるのに
数人とやり取りするので初めて使ってみた。

 なるほど、送受両方1画面で見る事が出来るって訳か。
無駄なものばかり付いているがこれは便利。
と思うのだがどうだった?コージ。

 私の周りは取説を読まずにすぐ捨てる奴が多いが
私は最初に全部読む。
だからなんだ?、、、

■2005.1.4(火): tae仕事初め。
 実家から直で用賀にある会議室へ。
そのまんま新年会へとなだれ込む。

 私個人としてはこんなに段取りの悪い日は珍しかった。
実家用賀自分ち用賀自分ち、、、。
忘れ物を繰り返すといったところか。
しかしだ、狼号はちょい乗りを繰り返しても
悲鳴を上げず、みなぎっておる。

 うれし〜!

■2005.1.3(月): すでに3日。
 私がコタツでサイトの更新をしている目の前で
甥っ子が真剣にコロコロコミックを読んでいる。
昨日はスエットのプリント柄「蠍」の絵を描いた。
お年玉、福袋、庭に残る雪、年賀状、お笑い番組、、、。

 皆さんはどうお過ごしですか?

2005.1.2(日): 実家にて。
 寝正月。
今年も“新撰組”を一升空けて夜は更けた。

 バイクの調子もすこぶるよろしい。
増し締めして軽く磨いて眺めながら一服。
至福。

2005.1.1(土): 2005.01.01
 明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願いいたします。
taeオフィシャルのビデオメッセージでは「恩返し」を
テーマに挙げておりますが、まだまだご迷惑を
かける事もあるかと思います。
お手数かける事もあるかと思います。
どーかひとつ、見ていてやってくださいませ。

 tae 坂巻晋