スタイルシートの設定を on で御覧ください。
off ではレイアウトが正しく表示されない場合があります。
また、古いヴァージョンのブラウザではスタイルシートをサポートしていない場合があります。

TankBoy

 
    HOME     PROFILE     PROFILE     WORKS     BASS     MOTORCYCLE     BLOG  

BLOG: backnumbers

2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年09月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年04月
2009年03月
2009年02月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年06月
2008年05月
2008年04月
2008年03月
2008年02月
2008年01月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年09月
2007年08月
2007年07月
2007年06月
2007年05月
2007年04月
2007年03月
2007年02月
2007年01月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年09月
2006年08月
2006年07月
2006年06月
2006年05月
2006年04月
2006年03月
2006年02月
2006年01月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年09月
2005年08月
2005年07月
2005年06月
2005年05月
2005年04月
2005年03月
2005年02月
2005年01月
2004年12月
2004年11月
2004年10月
2004年09月
2004年08月
2004年07月
2004年06月
2004年05月
2004年04月
2004年03月
2004年02月
2004年01月
2003年12月
2003年11月
2003年10月
2003年09月
2003年08月
2003年07月

2004年 09月

■2004.9.30(木): the wells RH.
 都内某RH studioにて。
あとは本番を迎えるのみ。出来る事はやったと思う。

 正直言うと知り合いのぱーちー以外での再結成なんて
無いと思ってた。
“だからこそ”“せっかくだから”“やるからには”
色々あるが、要は頑張っちゃってる事実があるって事だ。

 私はここにあるであろう“教え”を見つけたいと思います。
みんなは懐かしがったり、がっかりしちゃったり
憧れちゃったりしてください。よろしけ!

■2004.9.29(水): いつのまにか。
 ウェルズは日本中よく回ったと思う。
今回、出会った全ての人に
ライブのお知らせが出来なかったであろう事が
少しだけ残念だ。

 当時親友だった友達の連絡先が今わからなかったりする。
一緒に旅をしたローディーをやってくれていた
「モンジ」は今どうしているのだろう。

 僕等が勝手に付けたあだ名。
木枯らし紋次郎に似ていたからだ。

■2004.9.28(火): 他愛ない話。
 妙rh後、宴。
必要な時に必要な話を面倒な約束をしなくても
自然に始まるという事。

 決め事をするときは酒は邪魔だが
思いを屈託なく話すには良い道具だ。

 潤滑剤とはよくいったものだ。

■2004.9.27(月): たてこもり。
 やっぱ疲れが溜まっていたらしい。
すぐ寝ちゃう、ころっと。
すげぇ食う、ばりっと。

 飼っていたリス、ハムスターがこの時期必死になって
食べ物を巣に運んでいたのを思い出した。
一度邪魔をしたら噛まれた。
リスなんか別人、すぐキレる。

 気を付けないと太るな、こりゃ。
食い物よこせ、こら!

2004.9.26(日): 主観。
 正解があるとすれば、歴史が証明するのだろう。
主義主張みたいなモノが無ければ発言できない。

 後から文句を言うなんて誰にでもできる。
先を行く者はその先を見ていると知れ。

2004.9.25(土): ブーム。
 やってきました、バイクブーム。
うまくいけば一気に4人増えます。

 以前にも空前のブームがありました。
その時私は免許を取得した訳であります。

 大丈夫、「風になろう!」なんて言ってませんから。

■2004.9.24(金): shimokitazawa club queにて。
club que 10周年月間。
おめでとうございます。めでたいことであります。

sepa live.
今日は最初からイケイケ。
見逃した方はちょっと残念。

sepaは6年。

■2004.9.23(木): T's homeにて。
 the wells RH.
様子を見るのはもう終わり。
あとはぶっ飛ばすだけです。

 もう大人なんだから、とかは無しです。
ビュンビュンいきましょう!

■2004.9.22(水): tae live.
at shimokitazawa basementBar.
“今日も素敵でした”なんて言われてみ。
そりゃあもう小躍りですよ、小躍り。

 その日の為に思う事がある。
秘密だけど目線を追えばバレてしまいます。

 ありがとう、また10/31に会いましょう。

■2004.9.21(火): 期待に応える。
meeting@la.mama.

 「ねぇ?○なり君!」
とか急にふられて、その物真似が似ていたらプロじゃんか。

 統計でいうと朝、
例えば移動日の集合の時とか相当うまくいく。
起き抜けの私にふってみてください。
きっと期待に応えるでしょう。

 明日、妙@basementBar.
待ってるよ、ベイベー。

■2004.9.20(月): 起きる。
 the wells rh.
 朝起きてまずする事。TVを点ける。
無駄に明るい親子の二人旅。「、、、」

 さ、準備して行かなきゃ。
ごめんな、ばたばたしてて、俺ぇ。

2004.9.19(日): 高速道路。
 唇にぽつっと冷たさを感じる。
シールドに点々と雨があたりだす。
ワイパーがあれば最強にするぐらいの降り。

 トンネルに入ってしばらくはほっとする。
次は期待。あっち側はからっと晴れているかも?

 答え:信じられないくらいの土砂降り。

 色々考える。バイクに付けたら便利?
屋根、ワイパー、ドリンクホルダー、灰皿、エアコン、、、
 それって車、、、。

2004.9.18(土): ツーリング。
 またしても富士五湖方面。
夜、私に良く似た酔いどれお馬鹿が出たらしい。

 私はすぐ寝たので会ってない。
俺じゃないって、、、俺、、じゃ、な、、、

■2004.9.17(金): 遊び。
tae rh.
スタジオに入るとまずセッティングをする。
ここではバラバラと好き勝手にフレーズを弾いている。
そこに誰かが反応、そして全員が集中。

 いきなり新曲の骨組みが出来上がる。
音を出し始めてから20分。

■2004.9.16(木): もにたー。
 真っ白。macのやつ。
叩くとなおるのだが、あんまり叩きたくはない。
レコーダーを読まなくなった。
叩いてもなおらない。

 少し休ませてみるか?
MDはそれでなおった。これホント。

■2004.9.15(水): 家。
 なんでのんびり出来ないの、、、。
いくらでもやることが出てくる。

 喜べ、俺ぇ。

■2004.9.14(火): new songs.
tae rh.
つくづく面白い。
ブリティッシュ、ジャーマン、アメリカン、宇宙人。

 結局地球、いや、宇宙規模でいらっしゃる。
平気さ、音楽だもの。

■2004.9.13(月): スピリット。
 「ほどなくこの身は物言わぬ骸となろう、
しかし大五郎、恐れるな、、、」

 草原に佇む大五郎。不滅の魂。

 終わっちゃったな。
もう寝ちゃおうか、明日はなんだっけな。

2004.9.12(日): the wells rh.
 さあ、準備が整いつつあります。
迷わずいけよ、いけばわかるさ!

2004.9.11(土): 僕は聞いたよ。

 好きで好きでどうしようもなくて涙を流す。
たまたま出会った人間に熱く語りそして涙。
どれだけ愛しているか、その事が自分の人生を如何に豊かにしてくれているか。

 僕は聞いた。

■2004.9.10(金): shimokitazawa altotoにて。
 レコ発ライブ 後夜祭。
昔っからヤバんだな、、、DJイベント、、、。

 100%はしゃぎすぎて潰れてた。だから封印していた。
解禁して2年、無事だったのに。

 大人なんだから落ち着かないと。
うしゃしゃ。
 

 

■2004.9.9(木): shibuya chelsea hotelにて。
“hatsuminzoku SP〜Sepa+tae合同レコ発〜”

 満員御礼。
素晴らしい夜をありがとうございます。
美味い酒が飲めました。

 ほんとうに美味かった。美しかった。
すごく笑ったよ。

■2004.9.8(水): 話ながら。
 思いをかためる。
生きる場所は違い、苦労も違うが話は合う。
プロ同士“頑張り”ましょう。

 月は今頃どこに出ている?それがわかればそれが答え。

 明日の渋谷で会おう。

■2004.9.7(火): ある男。
 ちょっと思いつきでDJのオファー。
「かっこいい事はやらない」とさ。
タカ1・ヤングに先を越されていたけど。

 そんなお前がかっこいいぞ。

■2004.9.6(月): ずっと前に。
 ステッカーの事に触れた。
私は「二枚無いと貼れないくち」
 “The Wells”
なのでちっこいやつを3枚組で。
私としては力作だと思う。

 では、当日。

2004.9.5(日): 間違えた。
 私にだって十分起こり得る事だ。
解らないからこうしていられるのか、
理解しているから取り乱さないのか、
知らないふりをして逃げているのか、
覚悟があるから動じないのか、

 そんなに、そんなに賢く強いはずがない。
自分を誤魔化せるほど私は物事を知らない。

2004.9.4(土): 雷雨。
 遠く、近く、破裂音。
緩急の雨音。

 窓は閉めない。

■2004.9.3(金): なんなんだ、なんだったんだ、、、
 浅間山が噴火した。
東京にいる僕は少し遠くの出来事をニュースとして眺めていた。

 半年くらいだろうか、連絡の途絶えていた友人からの電話だ。
明るく以前と変わらない声色で自分にふりかかった災難を
話してくれた。苦しいくせに元気そうに。
何故だ、何故よりによってこうなるんだ。

 その電話でもうひとつ話してくれたその内容は
“浅間の噴火”を僕とは全く違う境遇で見ている人がいる事だった。
こんなに身近でなければ人は現実というものを認識できないのか?

 認識したって僕には何も出来ないだろう、祈るだけだ。
いったい俺は、、、

■2004.9.2(木): ぶつかり稽古。
 って程でもないか。tae RH.

 歓迎会をしてくれるそうです。
もうセカンドが出たっていうのに。

 そうです、taeに入った私とミンゾクの、、、。

、、、ってバカ。

■2004.9.1(水): くわ〜。
映画“ROCKERS”“IDEN&TITY

 もう笑い泣きですよ、泣き笑いですよ、まったく。